いつもブログをご覧頂きありがとうございます。
福井県の社会保険労務士 島田 知明です。

新型コロナウイルスに関しての助成金、
特に「雇用調整助成金」に関する問い合わせ等が増えています。

事業の存続、従業員の雇用維持のために必要になる助成金です。

社労士へ依頼が急増している中で、発生している問題を耳にします。

それは、
「顧問社労士が電話に出てくれない」
「事務処理しか対応してくれず、助成金の相談にのってくれない」
「いつも事務員さんしか対応してくれない」
等、心が痛くなる言葉です。

その社労士さんを庇う訳ではありませんが、
「事務処理だけで容量の限界を超えている」
「助成金業務を取り扱わない」
といった事情があると考えられます。(事務所の戦略といった事もあります。)

お客様の「何のための顧問だ!」というお気持ちも十分理解できます。

このままでは、社労士業界の信頼失墜にも繋がりかねません。
もし、助成金等で聞きたいことがありましたらお気軽にお問い合わせください。

お力になれるよう頑張らさせて頂きます。

ご一読ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
社会保険労務士・人事労務コンサルタント 島田知明

社会保険労務士・人事労務コンサルタント 島田知明

1985年 福井県大野市生まれ。福井県立大学経済学部卒。卒業後、地元金融機関に勤務し、所属する支店の全店第2位の成績に貢献、チームワークの重要性を体験。「人の成長」に魅力を感じ、専門家である社会保険労務士合格を志し退社。1年3ヶ月間の無職無収入、派遣社員を経て、大手社労士事務所に8年間勤務し1万件を超える人事労務対応を経験。「社員と会社が互いを尊重し、成長できる環境の実現」を理念に掲げ2019年8月開業。
社会保険労務士・人事労務コンサルタント 島田知明

最新記事 by 社会保険労務士・人事労務コンサルタント 島田知明 (全て見る)