いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
福井県の社会保険労務士 島田 知明です。

新型コロナウィルスへの対応策として、政府が色々な対策を講じています。

特に「助成金」に関しては、要件がかなり緩和され、
必要としている企業に行き届くよう配慮されています。

例えば、
小学校等に通っている保護者への特別休暇を設けた場合の助成金は、
就業規則への記載が望ましいとなっています。

他の雇用調整助成金やテレワークに関する助成金を見ても、
特例的な対応が多いと感じています。(休業計画届の事後提出を認める等)

また、
福井県では県経済団体連合会と行政側が協議し、
行政側に対して「中小企業からは助成金の書類作成が煩雑だと聞いている。手続きを簡素化してほしい。」
などを求めた事がニュースになりました。
どこまで要望が通るか不明ですが、可能性が0とは限りません。

顧問先の経営者様からは、

  • 資金確保(助成金を含めて)
  • お客様のフォロー
  • 騒動後の対応策

等、
「やらなくてはいけない事が非常に多くてバタバタだよ。」
とお聞きしています。

特に、
規程・労使の約束事・帳簿といった「書類関係」が後回しになっている状態だと推測します。

経営者様が全く意図せず「違反状態」にならないよう、
全力でサポートさせて頂きます。

この記事をお読みになられた方で、
顧問社労士が付いている企業様は、顧問社労士との連絡を密にすることをオススメします。

ご一読ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
社会保険労務士・人事労務コンサルタント 島田知明

社会保険労務士・人事労務コンサルタント 島田知明

1985年 福井県大野市生まれ。福井県立大学経済学部卒。卒業後、地元金融機関に勤務し、所属する支店の全店第2位の成績に貢献、チームワークの重要性を体験。「人の成長」に魅力を感じ、専門家である社会保険労務士合格を志し退社。1年3ヶ月間の無職無収入、派遣社員を経て、大手社労士事務所に8年間勤務し1万件を超える人事労務対応を経験。「社員と会社が互いを尊重し、成長できる環境の実現」を理念に掲げ2019年8月開業。
社会保険労務士・人事労務コンサルタント 島田知明

最新記事 by 社会保険労務士・人事労務コンサルタント 島田知明 (全て見る)