いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
社会保険労務士の島田知明です。

入社した社員の
雇用保険・健康保険・厚生年金保険手続きで
どんな情報を収集すれば良いか悩んだことはありませんか?

サクサクと手続きができるよう、
情報収集のポイントを記載致します。

テンプレートを作成しましょう

一番簡単な方法は、ひな型を作成することです。

次の項目が入ったひな型をオススメします。
(コピーしてご活用下さい)

  • 氏名
  • 氏名のフリガナ
  • 性別
  • 生年月日
  • 現住所
  • 住民票の住所
  • 電話番号
  • 入社日と保険加入日
  • 雇用期間の定めの有無 ※有の場合は、雇用期間も
  • 就職経路(安定所・自己就職・民間紹介)
  • 職種
  • 年金番号
  • 雇用保険被保険者番号 ※わからない場合は前職を3社ほど確認
  • 給与体系(時給・日給・日給月給・月給)
  • 給与の内訳(基本給○○円、通勤手当○○円、時間外手当○○円)
  • 1箇月あたりの給与総支給額
  • 個人番号(マイナンバー)

技能実習生などの外国人を雇用される場合は、
在留カードも忘れずに確認して下さいね。

オススメの理由

一つ目は、役所からの問合せ対応がスムーズになることです。

ハローワークから、
「前職は分かりませんか?」
「雇用保険番号ほかにありませんか?」
「本人が申告している入社日と取得日が違うのですが・・」

年金事務所からは、
「届出の住所と住民票と違いませんか?」
「登録されているフリガナのデータと違うのですが・・」

などの、ちょっとした対応の手間を減らすことができます。

二つ目は、助成金の支給要件のチェックにも活用できます。

例えば、
トライアル雇用助成金を考えている会社が、
ハローワーク紹介で雇用保険を取得するところ、
間違って自己就職で保険の取得をしていないか

といった確認に使えます。
(ちなみに間違って申請しても訂正はできます)

他にも、
お客様からは、
「緊急時の連絡先も聞いて社員台帳として活用しています」
「加筆して労働者名簿としても活用してます」
といったお声をいただいております。

従業員台帳や雇用契約書といった労務管理の書類
に流用できる部分があります。

よろしかったらご参考下さい。

The following two tabs change content below.
社会保険労務士・人事労務コンサルタント 島田知明

社会保険労務士・人事労務コンサルタント 島田知明

1985年 福井県大野市生まれ。福井県立大学経済学部卒。卒業後、地元金融機関に勤務し、所属する支店の全店第2位の成績に貢献、チームワークの重要性を体験。「人の成長」に魅力を感じ、専門家である社会保険労務士合格を志し退社。1年3ヶ月間の無職無収入、派遣社員を経て、大手社労士事務所に8年間勤務し1万件を超える人事労務対応を経験。「社員と会社が互いを尊重し、成長できる環境の実現」を理念に掲げ2019年8月開業。
社会保険労務士・人事労務コンサルタント 島田知明

最新記事 by 社会保険労務士・人事労務コンサルタント 島田知明 (全て見る)