いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
社会保険労務士の島田知明です。

先ほどまで、
筋力トレーニング(筋トレ)をジムでしていました。

ジムといっても専属のトレーナーさんはおらず、
各個人が自由に筋トレできる市営施設です。

私の名刺には、趣味「筋トレ」と記載してあるのですが、
名刺交換をさせて頂いた際に、
「え?!筋トレされているように見えませんよ! 笑」
とありがたいことによくツッコミを頂戴します。

私が筋トレをする目的は「体型維持」です。
(ムキムキのマッチョも男性としては憧れます・・・)

体型を保つには、
全身の筋肉をバランスよく鍛える必要があります。

トレーニングの流れとしては、
【なかやまきんに君のブログ】を参考にさせて頂き、
下半身の筋肉→上半身の筋肉→全身の筋肉の順でおこなっています。

ポイントは、
消費カロリーが多い筋肉から鍛えて最後に連動させることです。

筋トレの最後にする全身運動であるジャンプをしている時に
思ったことがあります。

「あ、これ労務管理と同じだ」ということです。

労務管理でも、
部分最適より全体最適が重要と考えています。

例えば、
「特定の社員に業務が集中しているのを解消したい」と考えたときに、

特定の社員の最適ではなく、
会社全体の最適は何かを考えることになると思います。
一例としては、

  • 業務そのものを無くして効率化を図る
  • 他の社員に業務を振る
  • 社員の採用を考える

等でしょうか。

働き方改革が、業種を問わず様々な取り組みがされています。

お客様が、
なされる事(部分最適)の掛け合わせ(連動)から目指す姿(全体最適)の実現
のお手伝いをさせて頂きたい。

再認識できた今日の筋トレでした。

The following two tabs change content below.
社会保険労務士・人事労務コンサルタント 島田知明

社会保険労務士・人事労務コンサルタント 島田知明

1985年 福井県大野市生まれ。福井県立大学経済学部卒。卒業後、地元金融機関に勤務し、所属する支店の全店第2位の成績に貢献、チームワークの重要性を体験。「人の成長」に魅力を感じ、専門家である社会保険労務士合格を志し退社。1年3ヶ月間の無職無収入、派遣社員を経て、大手社労士事務所に8年間勤務し1万件を超える人事労務対応を経験。「社員と会社が互いを尊重し、成長できる環境の実現」を理念に掲げ2019年8月開業。
社会保険労務士・人事労務コンサルタント 島田知明

最新記事 by 社会保険労務士・人事労務コンサルタント 島田知明 (全て見る)