いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
福井県の社会保険労務士 島田知明です。

福井市や大野市などの地方でもご年配の方を、
コンビニの店員、警備員やタクシー運転手として見かける機会が多くなりました。

お年を召されると、
体力の低下や判断力の低下で労災事故が増える可能性があります。

労災は年齢や雇用形態に関係なく、
会社の「指揮命令下」にあれば適用されます。

アルバイト、パート、嘱託などの呼称は関係ありません。

もし、
年金受給者が労災保険から給付を受けられる場合は、
保険給付の調整がかかることがあるので注意して下さい。(治療に関する給付は制限されません)

細かいコトを除いてザックリいうと
「本人の受給している年金が優先される」
「労災保険の給付が制限される」
の2つです。

年金受給者が被災され、

「仕事ができないのですが、労災からの給付は大丈夫ですよね?」
と聞かれたときに、

「はい、大丈夫です。」
と答えた後、労災の給付が調整されたら・・・

トラブルになる可能性がありますね。

「本人の受給している年金が優先される」
「労災保険の給付が制限される」
が、フッと頭をよぎって頂ければ幸いです。

労災が発生して不安でしたらご連絡下さい。
ご対応させて頂きます。

ご一読ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
社会保険労務士・人事労務コンサルタント 島田知明

社会保険労務士・人事労務コンサルタント 島田知明

1985年 福井県大野市生まれ。福井県立大学経済学部卒。卒業後、地元金融機関に勤務し、所属する支店の全店第2位の成績に貢献、チームワークの重要性を体験。「人の成長」に魅力を感じ、専門家である社会保険労務士合格を志し退社。1年3ヶ月間の無職無収入、派遣社員を経て、大手社労士事務所に8年間勤務し1万件を超える人事労務対応を経験。「社員と会社が互いを尊重し、成長できる環境の実現」を理念に掲げ2019年8月開業。
社会保険労務士・人事労務コンサルタント 島田知明

最新記事 by 社会保険労務士・人事労務コンサルタント 島田知明 (全て見る)